復縁を諦めない
「復縁したいけど、相手の反応があまりにも冷たくて辛い…」
「復縁は諦めない。でも現実的にできる気がしない…」
「復縁に失敗して、さらに状況が悪くなったらどうしよう…」

 
一度別れた恋人と復縁するのは、決して簡単な話ではありません。
 
相手が素っ気なかったり、既に新しい恋人ができていれば精神的にかなり辛くなる時期も避けて通ることはできないでしょう。
 
新しい出会いからの恋愛は0からのスタートになりますが、復縁の場合は一度終わった恋愛でもあるので、実質マイナスからのスタートになると言えます。
 
ですが、厳しい状況からだと言って諦める必要はありません。
 
復縁を諦めず、実現する為に最も大切なのは「諦めない気持ち」です。
 
難しい状況であったとしても、人間は周りの状況・時間の経過によって考え方も変わるものです。
 
今回は復縁を諦めない・諦めたくないあなたに向けて、アプローチに失敗したり、厳しい状況から逆転・挽回する具体的な方法についてお伝え致します。
 
復縁したい場合、アプローチ方法やタイミングを間違えてしまうと会いたくても二度と会えなくなってしまうことも珍しくありません。
 
「もう一度あの人とやり直したい」
「やっぱり、自分にはあの人しかいない」

 
心からそう想うことができるようなお相手のいる方は決して焦らず、今一度冷静になって復縁の成功率を高めることに尽力しましょう。
 

復縁を諦めないのであれば、まず失敗する原因を抑えておきましょう

基本的に復縁は長丁場になり、その過程で自分の思うように話が進まなかったりすることで傷ついたり、辛い思いをすることもあります。
 
時には避けて通れないこともありますが、復縁の実現を目指す途中で回避できる失敗やトラブルはしっかり回避できるのがベストです。
 
結論、復縁に失敗する原因のほとんどは「焦り」から生じています
 
具体的にどのように失敗してしまうのかを、簡潔にまとめてみました。
 

「別れる前と何も変わってない」と言われて失敗

復縁はマイナススタートなので、仮に時間を空けてから会ったとしても、元恋人に「何も変わってないな」と思われてしまうと大変厳しいです。
 
元恋人があなたを見て、接したときに「(別れた当時の頃とは)何か違うな」と思わなければ、恋愛感情も生まれず復縁は難しくなってしまうでしょう。
 

別れてからすぐに復縁を迫って失敗

別れてばかりの時点では振った側も振られた側も感情的になっているものです。
 
基本的にどんな別れ方であったとしても、別れてすぐに復縁を迫っても失敗しますし、仮に復縁できたとしても同じような理由ですぐに別れてしまいます。
 
振られたときに「どうしても納得できない」と伝えたとしても、しつこくせがめばLINEのブロックや着信拒否など、元恋人との連絡手段を断たれてしまう可能性もありえるでしょう。
 

冷却期間を置いて待ちすぎても失敗

だからといって、必要以上に時間を空けてもリスクがあります。
 
・気づかぬ間に転勤等で引っ越していた
・元恋人に新しい彼女(彼氏)ができていた
・新しい恋人と婚約、入籍していた
 
元恋人に新しい恋人ができただけならまだしも、所在が不明になっていたり、婚約・入籍にまで行き着いていればさすがに絶望的な展開です。
 
恋愛においてタイミングは重要なので、冷却期間もどれぐらいの期間設けるかは状況によって異なります
 

真剣さが伝わらずに失敗

振られてからも連絡は取れる・会おうと思えば会える状況だからといって雰囲気が重くならないように軽い調子で
 
「〇〇とより戻したいな~」
「もう一度付き合おうよ!」
 
と言っても真剣さが伝わらず、上手くいかないものです。
 
その二人ならではのノリもあるとは思いますが、どんな相手であっても一度はしっかり考えたうえでの「別れる」という決断なので、本気だと受け取ってもらえるように誠意を見せる必要があります。
 

復縁で多少上手くいかなかったとしても諦めない!挽回・逆転する具体的な方法

復縁アプローチが上手くいかず、苦しい展開になったとしても状況が好転する可能性は残っているものです。
 
・別れたばかりに復縁をしつこく迫ってLINEをブロックされたが、1年後に復縁し結婚
・振られて2か月後に復縁アタックを仕掛けて失敗したが、半年後に再アタックしたら復縁に成功

 
こうした事例もあります。
 
周りの友人・知人からは「(復縁は)やめた方がいいよ、無理だよ」と言われることもあるかもしれませんが、あなた自身に「どうしても復縁を諦めたくない」という気持ちがあれば、自分の気持ちを大事にしても良いのではないでしょうか。
 
1年以上も自分のことを思い続けてくれる人がいるということは、元恋人にとっても幸せなことですよね。
 
では、どのようにすればこうした大逆転劇を起こせるのかを考えてみましょう。
 

時間を空けて、自分磨きを徹底する

復縁を望んでいるときは結果を焦りがちですが、焦っても良いことは何もありません。
 
焦れば盲目になり、自ら厳しい状況を作りだし、辛い思いをしてしまう可能性が高いです。
 
振られてすぐに復縁を迫ろうとしている時は、決まって冷静さに欠いています。
 
一度振られたということは、理由はどうあれ元恋人からは何らかの烙印を押されている可能性が高いです。
 
一度時間を空けて、元恋人に「何か変わった」と再評価してもらえるように、自分磨きを行いましょう。
 
別れてしまった原因の解決はもちろん、外見や中身を変えることができれば復縁できる可能性も大きく変わってきます
 
人間はそう簡単にたった1日で大きく変われるものでもないので、焦らずコツコツと自分を磨くことです。
 

共通の友人・知人とは親密な関係を作る

もし元恋人との共通の友人などがいれば、その人とは親密な関係を作っておきましょう。少なくとも話が悪い方向に進むことはありません。
 
そして、あなたが元恋人と別れてからどんな思いで、どんな経緯で自分を磨き、変わっていったのかを見てもらえればベストです。
 
親密になれば自然と応援もしてくれますし、思わぬ形で逆転に繋がるような救いの手を差し伸べてくれることもあり得るでしょう。
 
ただし、ただ「利用しよう」とすれば下心は共通の友人にも伝わるでしょうし、もっと関係が悪化してしまう恐れもあります。
 
なので最終的には助けてもらえるように、誠実に向き合って友人関係を築いてください。
 
もし現時点で共通の友人がいなかったとしても、SNSもあるので、その気になればチャンスは作れると思います。
 

【まとめ】復縁を目指すには諦めない精神・辛抱強さが大切です

どうしても復縁したい人がいると感情に支配され、焦ってアプローチすべきタイミングも見誤りがちです。
 
一度は恋人関係を終えて別れてしまった男女なのですが、破局の原因や自分の至らぬ点などを冷静に分析し、今後に活かすべきではないでしょうか。
 
もちろん、復縁を望むならまた辛い思いをする機会もあるかもしれません。
 
しかし、「諦めたらそこで試合終了」じゃありませんが、諦めるということは失うことにもなります。
 
どうしても復縁したい相手がおり、諦めたくないのであれば、焦らないのと同時に、自分の意志を通す覚悟も必要です。
 
そして復縁を実現させることができれば、この上なく幸せな人生を送ることができるでしょう。

関連記事

  • 復縁 結婚
    復縁結婚はより幸せ?再び巡り合うと上手くいくカップルの特徴
  • 復縁 するには
    元彼と復縁するには冷静さと行動力が大事な話【気持ちだけでは切ない結果に】
  • 復縁 すぐ連絡してしまった
    彼に振られたけど復縁したくてすぐに連絡してしまった結果【要冷却】
  • 復縁 同じ職場
    【他よりも有利】同じ職場の元彼と復縁する方法を徹底解説
  • 元彼 復縁 友達
    友達関係が続いている元彼と復縁して再び恋人になる方法【男は単純な話】
  • 復縁 第三者 協力
    復縁活動で第三者の協力を仰ぐのは諸刃の剣?適切な人選と方法を徹底解説