復縁を断られた場合の冷却期間
今回は「女性が一度復縁を断られた逆境から、冷却期間を経て逆転する方法」についてです。
 
「元彼と復縁する為に告白したけど、断られた・・・」
「一度告白してダメなら、もう諦めた方が良い・・・」
「全然諦められないけど、新しい恋を探した方がお互いのため・・・?」

 
こういったお悩みにお答え致します。
 

一度断られただけで復縁を諦める必要はないと思う話

本当に彼のことが好きで復縁したいなら、一度断られただけで諦める必要はないです
 
私自身も復縁経験者ですが、実際一度目の復縁を迫ったときに振られています。
 
その際は断られてから冷却期間を設けて、改めて自分の至らぬ点や気持ちを見つめ直し、「やっぱりあの人が良い」という結論にいきつきました。
 
そして半年後に再び告白し、復縁することができたのです。
 

【要注意】以前と同じ状態で告白しても断られる可能性大です

一度告白して振られた以上は相手にとって自分の知らない一面を認識してもらったり、新しい自分にならなければ何度告白しても結果は同じだということです。
  
逆に自分自身が変われば、現時点では脈なしの厳しい状況であっても挽回・逆転できる可能性は残っています
 
・自分磨き(外見や内面を良くする)
・新しい体験を共有する

 
などなど、これまでとは異なる状況下に持ち込まなければなりません。
 

復縁するには相手に改めて「恋愛対象」と認識させる必要があります

よく、復縁デートで「付き合っていた頃に2人で行ったことのあるお店にいく」プランを実行する方もいますが、復縁活動初期においてこのチョイスはあまりオススメしません。
 
何故ならば、既に行ったことのある場所やお店は新鮮さを出すのが難しいからです。
 
一度終わった恋なので、もう一度相手に恋愛対象と認識させるには「今まで(付き合っていた頃)とは違うな」と思わせる必要があります。
 
・付き合っていた頃とは雰囲気が違う、前よりも魅力的に見える元恋人
・今まで2人で訪れたことのない場所、お店

 
元彼と会うときに新鮮さを演出できれば、彼も緊張するでしょうしドキドキもします。
 
初めのうちはドキドキが恋愛感情なのかどうかもわからないものです。しかし、間違いなく感情は動いています
 
片思いの場合でも同じことが言えますが、恋愛対象と認識させるには男女問わず、相手の感情を揺さぶりましょう。
 

一度復縁を断られた以上、冷却期間はしっかり設けよう【決して焦らない】

一度復縁を断られても挽回できる根拠について説明させて頂きましたが、とはいえ冷却期間は必須です。
 
極論ですが、断られた翌日に髪型や服装、見た目を別人レベルに変えて、行ったことのない場所に呼び出してもう一度告白しても難しいと思います。
 
告白を断るのにもエネルギーが必要なので、一定以上の強い意志があるということ。どれだけ努力してもたった1日ではどうにもなりません。
 
なので、一度冷却期間として距離を置き、復縁を断られた状況から逆転する為の準備を整えましょう
 

冷却期間の目安は3か月程度【ただし相手の性格や状況を見ての現場判断がベスト】

一度復縁を断られた場合の冷却期間は、目安として3か月程度は相手と連絡を取らず、会わない期間を設ける必要があります。
 
目的は一度、あなた自身も冷静な判断力を取り戻しつつ、元彼のあなたに対する感情やイメージをリセットさせる為です。
 
ネガティブな感情は基本的に持続性が低いので、断られた際にあなたへマイナスな印象を抱いていたとしても時間が経過すれば落ち着きます。
 
落ち着いたところで、新しい自分・新しい環境(場所)で再度アプローチするのが効果的です。
 
ただし、3か月というのはあくまで目安に過ぎず、実際の適切な冷却期間は相手の性格や状況によって異なります。
 
元々感情を引きずりやすい性格であればもう少し長めた方が良いでしょうし、逆に切り替えの早いタイプであればもう少し短めにしても良いかもしれません。
 
共通の知人など、無理のない範囲で相手の感情や状況を把握できる環境があると有利に進めることができます
 

冷却期間中にやるべきこと1:【要確認】そもそもの別れた原因を解決しておく

復縁した後も良い関係を長く続けていくには、別れてしまった原因は必ず解決しなければなりません。
 
解決できなければ仮に復縁できても同じ理由などで別れてしまう可能性が高いので、冷静にこれまでの思い出を見つめ直して考える必要があります。
 
もしも1人で解決策が出なければ、復縁してから改めて、2人で一緒に考えてみるのも良いでしょう。
 

冷却期間中にやるべきこと2:自分の内面・外見を磨いて新しい自分になる

前述の通り、復縁するには元彼にあなた自身のことを「付き合っていた頃とは違う」と認識してもらう必要があります。
 
人間はよほど大きな変化がない限り、一度見慣れたものを改めて注視したり捉え方を変えたりはしないものです。
 
別れた原因の解決も自分磨きの一環ですが、新しい自分になりましょう。
 
特に一度復縁を迫って断られているのであれば、元彼の答えを「No」から「Yes」に変えるため、より大きな変化が必要になります。
 
・髪型やメイクを変えてみる
・食生活を改めてみる
・ダイエットやボディメイクを頑張ってみる
・新しい取り組みにチャレンジしてみる

 
理想としては、考えを改めた元彼の方から告白してもらうのが望ましいですよね。
 
それを実現できるように、自分でできることはやりきってみてはいかがでしょうか。
 
決して楽な道のりでもないかもしれませんが、彼を想う気持ちが本物であれば必ずやり切れるはずです
 

冷却期間中にやるべきこと3:次会うときに最適な場所や状況、プランを用意する

次に元彼と会うときにより新鮮さを演出する為の場所や状況を、どのように作り出していくのかを事前に用意しておきましょう。
 
もし急に会うことになった場合、考えが及ばず今までと同じ店や場所に行くのは勿体ないです。
 
・行ったことのない場所やお店は事前にリサーチしておく
・元彼と遭遇する可能性のあるエリアのお店はチェックしておく

 
もちろん相手のリアクション次第で最適なアプローチも変わるので、プランは複数用意しておいた方が余裕を持って構えることができます
 
少しでも復縁の成功率を高めるため、必要以上に考えすぎてしまうのも問題ですが「備えあれば憂いなし」です。
 

【まとめ】焦らず冷静に自分を磨きながら待ち、確実にチャンスをものにする

本記事は以上になります。
 
復縁したい場合の基本スタンスは「自分を磨きながら機会を待ち、チャンスは冷静かつ大胆にものにする」ということです。
 
復縁しようと一度断られただけで諦める必要はありませんが、「今のままでは何度告白しても結果は同じ」だとも言えます。
 
冷却期間も長めに設けて、自分磨きも別人レベルを目指しましょう。
 
焦っても良いことはないどころか状況が悪化する可能性の方が高いのですから、冷静第一です。
 
縁があれば、再び巡り合うことになるでしょう。
 
自分のことを想い続けて、(復縁したくて)ここまで頑張ってくれる人がいる」ということ自体とても幸せなことですし、それが自分本位でない形で元彼に伝わるのが望ましいと思います。
 
今後のご参考にして頂ければ幸いです。

関連記事

  • 復縁 結婚
    復縁結婚はより幸せ?再び巡り合うと上手くいくカップルの特徴
  • 復縁 するには
    元彼と復縁するには冷静さと行動力が大事な話【気持ちだけでは切ない結果に】
  • 復縁 すぐ連絡してしまった
    彼に振られたけど復縁したくてすぐに連絡してしまった結果【要冷却】
  • 復縁 同じ職場
    【他よりも有利】同じ職場の元彼と復縁する方法を徹底解説
  • 元彼 復縁 友達
    友達関係が続いている元彼と復縁して再び恋人になる方法【男は単純な話】
  • 復縁 第三者 協力
    復縁活動で第三者の協力を仰ぐのは諸刃の剣?適切な人選と方法を徹底解説